勉強する場所

「気持ち良さそうに生きているね!」

と近頃よく言われます。

 

僕自身、スピリチュアルでも聖者でもないのですが、

最近の「畠中 篤」はそのように見られているようです。

 

僕がやっていることは、

朝イチとことん掃除する

のみ。

そしたら、

「あぁ、掃除した後はこんなに気持ち良い!やって良かった!!」

て清々しくなりますから^^

 

雑巾一枚持って掃除をする。

これだけでも、反省や気付きはたくさんあるのです。

 

逆に言えば、

セミナー行って、

勉強会行って、

本を読んで、

どれだけ「よ~し、頑張るぞ!」と一時的にテンション上がっても、

日々、目の前の実践を見逃していれば本当に気持ち良く生きれないような気がします。

 

例えば、今日の掃除では普段やっていなかった天井やエアコンの上まで拭きました。

 

そうしたら、雑巾がとても汚れている。

ということは、昨日の自分が

「しっかり掃除した!」

つもりでも、出来ていなかった部分があったということ。

 

その発見があってこそ昨日の自分の思い上がりが反省させられます。

十分掃除したつもりでも、部屋に対して

「行き届かない点もありますが、今日はこれで掃除を終了させて頂きます。」

という気持ちで仕舞うようになります。

 

日々の自分にとって本当に必要な気付きは、実は目の前にある。

という事実が観えるためには、足元こそ大事にする。

 

部屋の壁を拭く。

押入れの中を拭く。

電気の笠を拭く・・・etc

 

「そんなに汚れてないからいいや」

は面倒くさがる自分を甘やかせているだけ。

 

「あ、あそこの汚れに気付いてしまった・・」

というのは自分の感覚かもしれませんし、

ひょっとしたら神様の声かもしれません。


だからといって、神様の声だからやるのではなく、

「自分の目の前にあることだから、自分でやる」

という感じです。

 

そうやって生きていれば、

外に出た時でも、

気持ち良く生きる「行動」が反射反応で出来るように思います♪