リラクゼーションへの感謝

前の会社を退職し、

個人活動を本格化させて1年が経とうとしています。

仕事にしていきたい内容

上げていきたい収入

退職した当時はゼロから仕事を作り上げていく辛さも

味わいましたが、

今はようやく、以前掲げていた目標に辿りつきました。

本当に身にしみて思う事は、

人生は到底自分だけで切り開いていけるものではないですね。


というか、身の回りに溢れている御縁に

気付いていなかっただけかもしれません。


自分にとって良い事があった時にする感謝には

本当の喜びは薄い。


自分の身体でしっかり御奉仕して御恩に報いる。


そのために自分のカラダをまず大事に保つ。

ココロの根を深く養う。

そして、また汗を流しながらしっかり身体を使う。


その積み重ねでしかない日々ですが、

それがどれだけ充実していて幸せか。


身体を使っての御奉仕には

「感謝します」の一言以上の充実した喜びがある。


幸い、僕には積み重ねてきたリラクゼーションの技術があります。

その技術と経験を持って人や周りに接する。


今、自分の中にあるのは

「リラクゼーションへの感謝」

です。


今まで経験させて頂いた事が

周りの人への御奉仕で活きてくる。


さらにそれが自分を感謝の喜びで満たしてくれる。


これが、どんだけ充実して幸せなことか。


もう毎年変わる流行の洋服とか

贅の限りを尽くしたディナーとか

特に要りません。

両手両足、
自己治癒しながら僕を生かしてくれている内臓。

願わくば。
少しでも長く、この身体で周りに尽くしていけますように。