久々にPCを使うことができました♪

ようやくPCを使うことが出来ましたので

少しずつHPのブログを更新していきたいと思います。


地蔵のてあてのHPにお越し頂いた皆様には

大変失礼致しまして申し訳ございませんでした。


心よりお詫び申し上げます。。



~~~~~~~~~~~~~~~


4月に得度を上げさせて頂き、

僧侶としての修行を本格的にスタートさせて頂くことになりました。


お寺の作務や仏具・法衣の取り扱い、読経、お寺にこもっての集団生活など、色々な修行があります。


が、同時にヒーラーとしての施術も今まで以上のご予約を頂いておりますので、これからもしっかりヒーリングが起きるお手伝いをさせて頂きます♪




「これは畠中さんしか出来ないですよね」


施術後にこういった感想を頂くことが多くなりました。


でも、技術的には以前よりも
かなりシンプルになっています。


《自分の状態》が大前提と考えるようになり、最近は自宅での施術の前でも水行をしています。



空間との調和。

お客様との調和。

これが上手くいくと、こちらの呼吸やイメージが伝導されやすいのですね。


「呼びかけに応えてくれる」といった状態になります。


手をあてて「大丈夫、大丈夫」て声に出さず唱えるだけで、ゆるみます。


その上での施術は、身体へのケアというよりも、脳や内臓を楽にするためのケアになってきています。


肩コリや腰痛などの改善ではなく、肺や心臓の負担を軽くしたり胃腸を楽にするために身体を整える・・・ 
といった感じです。


そうすることで内臓が持つ本来の能力が存分に発揮されると、「今の身体に最適な好転反応」が起きます。


内臓は火・水・大地が持つ浄化作用と似た能力を備えているので、それらが活性化される事で回復していきます。


また内臓は感情と繋がっているので、内臓のケアは感情を穏やかにしますね^^


「地蔵のてあて」の施術で大切にしているのは深いリラクゼーション。


全身の緊張が解けた状態の身体はとても素直です。



ゆらゆらと「入った」ときに、

火・水・大地・芽吹き・開花・大気・
などの自然のエネルギーを流します。

声に出さないくらいのホソホソした言葉でも、その通りに反応してくれます^^


もう、相手の身体が緩む手あての感触は気持ち良くて仕方ない♩



南無妙法蓮華経の「妙」は「蘇生」


外部からのテクニックにより動かされるのではなく、

心身が呼応して蘇生する。


そんなヒーリングになっています(^^)