施術の秘密

僕個人としてはかなり技術に特化した施術になっていると思っていますが、


「エネルギーが流れてくる感覚が面白い」

「α波がすごい出てる」

「ホイミとかケアルみたい」

といった目に見えない系の感想を連日頂きます。


不思議なものです。





ボディワークのつもりでも

エネルギーワークになっているんです。


でも考えたら、

「技術を用いて筋肉に働きかける」のではなく、

「相手の反応自体がヒーリングになる」

という観点から見たら、

やっぱり自分から出していく波動は大切なんですよね。



といういことで、自分の施術を振り返ってみました。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


よく言われるα波が出てるとかどうとか。


α波なんて意識していません。


ただ、触れる前には掌を温めます。




これは冷たい手を摩擦で温めるのではなくて、

心臓から掌に流れている血を感じる、ということ。


そこに焦点が合えば

α波みたいなんが出てくるんじゃないかと思います。

たぶん。


証明できませんが、

これで温かく柔らかい掌になるので。


掌が温かく柔らかい、ということは

それで触れる筋肉も温かく柔らかくなる、ということです。


温かいのを分けてあげる。

それくらいの感覚で良いと思います。


大事なのは・・・

強く硬い掌や指のままだと、

どうしても攻撃性が出てしまいます。


あえて破壊するときも必要ですので、

そのときは攻撃力アップするときもあります。


でも基本的に、

平和な掌で接すれば、

平和な施術になります。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



実際の施術での工夫は、

長くなったのでまた今度^^


気が向いたら書きます。


長文を書くのは疲れますね



ざっくり言えば、


施術の際に気がけているのは

〈視線と声かけ〉



「視線の方向にエネルギーが流れる」

「声かけの通りにからだが変化する」

「意識した部分が反応する」


といったことを押圧やストレッチの技術に

組み込んでやっていきます。


声・言葉・視線の強弱・・・

こんなのも技術を左右します。


気が向いたら、続きはまた今度