梅雨時の施術はこんな感じです

梅雨時の
 
「からだのダルさ・重さ」
 
を何とかして!
 
 
 
・・・と、この時期はよく言われます。
 
 
お客様からもですが、
 
施術者からもよくある質問です。
 
 

※写真は以前の技術講習の一コマ
 
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
 
 
最近は・・・
 
細かい説明が苦手になったので^^;
 
 
 
かなり端折って、
 
「ストレッチ」
 
「マッサージ」
 
「熱めの風呂」
 
と答えてます。
 
 
 
 
リラクゼーションより
 
リフレッシュ。
 
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
 
内臓で言えば
 
「肝・腎」
 
を意識したケアにしています。
 
 
肝・腎へは
「軽擦・手あて・肋骨広げる」
 
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
 
 
ストレッチは
 
じっくり長目。
 
 
 
・湿気で皮膚呼吸しにくい
・硬くなった筋肉が血管を圧迫
 
などで酸欠状態にある身体の血流が改善されると、全身に気持ち良さを生みます。
 
 
 
特に梅雨時は
 
 
「もう戻さないとキツイかな」
 
とセンサーが感じるくらいまで
 
ストレッチ状態をキープしています。
 
※部位によるので秒数ではないです
 
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
 
 
直接ストレッチかけてない部位の筋膜も恩恵を受けますが、足の指まで全身ストレッチした方が良いと思います。
 
 
個人的には、
 
「肩甲骨・脇~脇腹・股関節・太腿」
 
は欠かしません。
 
 
 
大事なのは
 
伸ばす事だけが目的ではなくて
 
その後の弛緩と解放
 
という点。
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
 
 
そんなこんなで、
 
梅雨時の施術は
 
じわじわ・じっくり・長目
 
「あ~・・・」
 
と声が漏れるくらいの
 
『全身痛ぎもストレッチ』
 
がテーマになると思います。

 

 


梅雨の不快感にお悩みの方は、
 
ぜひご連絡くださいませ^^
 
御予約・お問い合わせは
Mail
corona -revive 0724@ezweb .ne .jp 
Tel
090-9794-8772
(ショートメールでも承ります)